戸建てを探す方法とは?新築と中古のメリット、デメリットを知る

新築戸建てか中古戸建てのどちらにしたら良いか購入を迷われる場合、両方ともに物件を探すことになります。

ここでは新築戸建てと中古戸建ての違いを確認し、どのようにすると効率よく探せるか探し方を見ていきます。

戸建て
 

新築?中古?一戸建てはどちらが良いか

「少しでも良い物件を購入したい」と希望される方が多く、戸建てを探す際にもやはり同様に希望される方が多くなります。

戸建ては新築が良いと思われる方が多いと思いますが、中古戸建てでも何を優先するかによっては良い場合があります。

新築戸建てと中古戸建てを比較してそれぞれのメリット、デメリットを把握しましょう。

【新築戸建ての場合】
●メリット
・物件的にも登記上でも物件の最初のオーナーになる
・新築物件は中古物件と比べ、税金面の優遇を受けやすい
・外観や設備などが全て新設された設備できれいな状態から使用出来る
・設備などに経年の劣化やダメージが無い為、修繕・リフォームをすることがない
・外壁などが新しい状態なので修繕を考えなくてよく、修繕までの期間が長い

●デメリット
・販売価格に建築コスト、販売広告宣伝費、人件費、事業利益などが上乗せされる為、割高になることがある
・希望する立地に物件が出にくく、物件が選びにくい
・立地が良い物件や価格が安い物件は検討が出来る期間が短い場合があり、完成前にすぐに売れてしまうこともある
・未完成物件の場合は実物を見て判断が出来ない

【中古戸建ての場合】
●メリット
・築年数などの影響により新築に比べて安くなることがある
・新築に比べて希望する立地で情報が出てきやすい
・物件の内覧が可能で現地を確認してから決められる
・過去にリフォーム履歴があったり、リフォームされている物件が販売されることもある

●デメリット
・不具合があったり、設備や建物が古い場合、修繕費用がかかる
・金融機関のよって築年数の規定があり、住宅ローンが組みにくくなることがある
・築年数によっては証明書がなければ住宅ローン控除が受けられない

何を優先するかによって物件の価値が変わる為、探す方はメリットとデメリットを把握することで良い物件を探すことが出来ます。

例えば新築では物件が出づらく、立地や環境が限定されているとさらに条件が厳しくなりますが、中古戸建ての場合は希望の立地に売却物件が出てくることがあります。

以前に開発されている駅前に近い物件は、開発に合わせて街づくりをしているケースも多く古い物件が多くなります。

その分中古物件に関しては、立地条件が良い物件が出てくることがあります。

開発が昔に行われていたり、再開発がある場合には、建て替えをされるケースがあります。

しかし新築などの物件で駅から近く、利便性の高い物件は資産価値、ニーズも高くどうしても割高となります。

経費・利益などの上乗せが少ない中古戸建ての場合は、物件の価格が抑えられるている為、新築に比べて割安に購入出来ます。

物件を探すにあたり優先する希望条件によって物件の内容は変わってきます。

どのような条件を優先とするかをご自身で決めることによりスムーズに物件探しが出来る様になります。
 

上手な一戸建ての探し方

一戸建てを探す際にはいくつか方法があります。

探す方法を確認し、自分に合った探し方を見つけましょう。

・不動産専門のポータルサイト
自身で多くの物件を探す為には物件掲載数が多い不動産のポータルサイトが便利です。

予算、広さ、間取など希望条件を入力することで、多方面の情報を検索することが出来ます。

検索をしていると住みたい街の大体の相場観なども分かってきます。

しかし、条件を絞り切れなくなったり気になる物件でも販売が終了している物件となっていることもあるので注意しましょう。

・不動産会社に行ってみる
物件探しに慣れていない方は不動産会社へ行って相談するのも良い方法です。

疑問点や不安に思っていることなども相談でき、その場で解決が出来ることもあります。

物件の相談も可能となり物件を探してもらえたり、ネット上に掲載前の情報などをもらえることもあります。

・チラシ、新聞折込広告
物件の販売方法にはチラシのポスティングや新聞折込広告などもあります。

販売物件が多かったり大規模な分譲を行う際は、大々的に広告をすることがあります。

1戸のみの販売では単体で折込広告をすることは少なく、チラシの投函などを行うケースが多くなります。

ネット上で情報を公開する前に広告することもあるので探されている方はこのような広告も目を通すと良いでしょう。

・不動産会社に希望物件を探してもらう
不動産会社に来店をしなくても物件を探してもらう方法もあります。

希望条件をインターネットより不動産会社へ伝えることで、不動産会社より物件の提案をもらえ、質問や相談を事前に行うことが可能となります。

不動産を探すことに慣れていなければ条件を絞り込んだり、希望する条件の物件を探すことがなかなか出来ません。

また、急な来店をすると担当者を選ぶことが出来ませんが、事前に相談出来ていれば担当者が自分に合うか合わないかを判断することが出来ます。
 

物件の内覧も大切

ネット上に掲載されている写真で判断される方も少なくありませんが、気になる物件がある場合には現地の内覧をしたほうが良いです。

実際に内覧することで優先事項や条件が絞り込めたり、物件の質感や周辺の環境も確認するとが出来ます。

間取や設備は実際に見なければなかなか状態・不具合を把握することは難しくなります。

気になる物件はネットだけではなく内覧するようにしましょう。
 

一戸建て購入時の手数料の違い

一戸建てを購入する際には物件の価格の他に、様々な費用が掛かります。

購入に関する主にかかる費用には以下のようなものがあります。

・印紙税
・不動産取得税
・登記費用(司法書士報酬含む)
・固定資産税、都市計画税の精算金
・火災保険
・仲介手数料
・融資印紙代
・融資事務手数料
・ローン保証料

新築戸建てでは上記の他、建物の所在を示す表示登記費用や水道加入金などのライフラインにかかる諸費用は実費となります。

中古戸建ての場合は住宅の点検は任意ととなりますが別途費用が必要となり、リフォームを考えている際にはその費用も必要となります。

諸費用に関しては購入価格の6%~9%程の費用がかかります。

物件によっては仲介手数料の割引や支払いが無いこともあるので諸費用が変わってきます。気になる物件がある場合には初期費用の見積もりを不動産会社に作成してもらうと良いでしょう。
 

まとめ

新築・中古のどちらが良いかということは一概には言い切れず、探されている方の希望条件に依るところがあります。

自分にはどのような物件が合っているかを知る為には、優先事項を決めることにより条件が絞れ、自身の求めている条件が分かってきます。

また、自身で条件を絞り込む場合には不動産会社へ相談することで要点が絞ることが出来ます。

迷われた時には問題が解決したり選択肢が増えることもあるので不動産会社に物件探し、住宅ローン、リフォームなどいろいろとご相談すると良いでしょう。


(関連記事:中古戸建てを探すには

(関連記事:憧れの一戸建て・購入か賃貸か


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【記事編集者 いえぴた編集部】
お部屋探しや住まい探しのリクエスト、不動産のご相談一括サイト「いえぴた」が運営しております。
賃貸や不動産の購入に関連した情報やご相談やお悩みについてご紹介致します。
不動産の買取りを専門を専門とした関連サイト「不動産買取ナビ」も運営。

投稿日: 2020/10/15
最終更新日: 2021/03/12

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

不動産コラム
COLUMN

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/27

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/26

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

全ての不動産コラムを見る

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する