コロナ禍で見直される住宅事情、広い家・間取りへの希望も

世界を激震させた新型コロナウイルスを完全に抑え込むことは難しく、今後しばらくはウイルスとの共存を余儀なくされる公算が強まっています。

働き方も含めてこれまでの生活スタイルの変容を迫られる中、住宅事情についても意識に大きな変化が生じています。

本章ではコロナ禍で見直される住宅事情について見ていきます。


■コロナ禍の在宅勤務で見えてきた課題とは

安倍政権下で発出された緊急事態宣言が解除された今年6月に、ミサワホーム総合研究所が戸建て及びマンションに居住する800人余りに対して、ある調査を行いました。

調査項目の一つとして「在宅勤務での困りごと」として意見を聴取したところ、回答数が多い順に以下のようになりました。

一位:仕事に適した部屋が無い
二位:運動不足や座りっぱなしによる身体疲労
三位:仕事に適した家具、設備がない(デスク、モニタ、椅子など)
四位以下続く

最も多い回答だった「仕事に適した部屋が無い」というのは、居住が目的の住宅であることを考えればある意味当然と言えます。

設備などのソフト面も含めて仕事をする環境としては望ましいとは言えず、効率の悪い、負担がかかる環境で仕事をせざるをえないということで、疲労が増幅されたと見ることができますね。


■世の家庭では具体的にどんな問題が起きたのか?

前項の調査とは別に、ネット等で在宅勤務の問題は多く発信されています。

主だったものを集めてみると、以下のような意見を採取できました。

①PCの作業スペースがない

まずPCを置く台すらなく、物置の端っこにどうにかスペースを確保できたと思ったらwifiの電波が届かなかった。

②生活音の問題

リモート会議中に背後の生活音を聞かれてしまい恥ずかしい思いをした、自宅内の音だけでなく、自宅周辺で不意に発生する音も聞こえてしまうことがあった。

③子どもの存在

子どもは在宅で仕事をしているという状況を理解するのが難しく、ちょっかいをだされるなど仕事に集中できないことが多かった。

④夫婦で在宅勤務をする問題

夫婦で共に在宅勤務をしなければならず、同室でPC作業をしていたら、リモート会議中の夫の声をリモート打ち合わせ中の妻のマイクが拾ってしまったり、ノイズが発生するなどして仕事の質が低下した。


以上主だったものを見てきました。

各家庭の環境は様々でしょうが、実際に在宅ワークをしてみると色々な問題が浮上したようですね。


■今後望まれる住宅の間取りは?

さて冒頭の項で取り上げた調査では、在宅勤務のためのスペースとしてどのような空間があると良いかという問いに対し、「四畳半程度の個室」、「二畳程度の最小限の個室」という回答が多く挙がったようです。

四畳半くらいのスペースがあれば、他の家族がいる部屋で気を散らしながらとなるよりも、はるかに楽に仕事ができそうです。

また二畳程度となると生活スペースとしてはあまり役に立ちませんが、PC作業がメインの在宅勤務であれば、本当に「最小限」の作業はできそうですね。

贅沢は言わないから、小さくてもいいので仕事に集中できる個室が欲しい、というニーズが強く感じられます。

また気分転換できるスペースとして、庭やバルコニー、屋上など外部のスペースが欲しいという意見も多く見られました。

在宅勤務では効果的な気分転換が難しいので、外の空気を存分に吸える環境が欲しいというニーズが伺えます。

今後は在宅勤務が増える可能性が高いと思われますから、新築の住宅設計や、中古家屋のリフォーム、リノベーションなどで在宅勤務用のスペースを考慮した物件が多く登場してくるかもしれません。

近年は管理の手間がかからない小さなマイホーム志向が多かったように思いますが、今後は仕事環境を考えた少し広めの家の需要が増えることが予想されます。
2020/10/12

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局
氏名 いえぴた・不動産買取ナビ事務局
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する