良い不動産業者の選び方とは|不動産の買取を優位に進める方法

良い不動産業者の選び方とは|不動産の買取を優位に進める方法

いえぴた・不動産買取ナビ事務局のコラム

不動産を売るにあたり、下手な不動産業者に相談してしまうと数百万円レベルの損が発生することもあります。

できるだけ有利な売却を進めるには、売り主の側も知識や情報を得ておく姿勢が求められます。

この回では直接買取の形で売却を進めるにあたり、良い不動産業者とはどういうものか、どのように選べば良いのか見ていきます。


■良い不動産業者とは?

仲介の形式で不動産を売る場合は、不当な囲い込みをしないかなど色々な角度から各業者の誠実性や優位性を検討していく必要があり、より有利な業者を選定するのはそれなりに大変です。

一方、買取方式で売却する場合は仲介に比べると割合シンプルです。

直接買取の場合は取引相手となる不動産業者が買値を指定してくれるので、売却価格をその場で知ることができます。

「他社より高く買います」と手を挙げてくれるところを探す、というシンプルな作業になりますが、具体的に考えるといくつか思案すべき点が見えてきます。


■大手と地域密着の違い

一つには、大手の不動産業者と地元密着の中小の業者とどっちが有利になるのか?という問題です。

これについては正直なところ、どちらが有利とはっきり線引きすることはできません。

仲介の場合は見込み客の情報をどれだけ持っているかという視点が関わってくるので、対象物件の所在地によって有利不利がでてくることもあります。

買取の場合は不動産業者が自分で買い取って、何らかの用途に用いたり、転売したりして利益を出すことになります。

大手の業者の場合、例えば土地開発などを予定していてその不動産の価値を高く見積もっていれば、その分高い値で買い取ってくれるかもしれません。

地元の業者の場合、例えばそのエリアで賃貸需要が高いという情報を得ていれば、賃貸利益を出せると見込んで良い値で買ってくれるかもしれません。

結局、大手vs地元中小という軸だけで見ることにはあまり意味がなく、大手も中小も業者ごとにあたってみて反応を見ていく姿勢が必要です。


■複数社による合い見積もりは必須

買取の場合も、他社と比較して複数社の優位性を見極める必要があるということは絶対に忘れてはいけません。

大きな目標は「高く売ること」とお話ししましたが、対象不動産の扱いが得意な業者ほど高く買ってくれるので、必ず複数社に合い見積もりを依頼しましょう。

また実際にはその他の諸条件を加味した比較を要することもあります。

例えば物件の引き渡しの日時や、残置物の撤去にかかる条件交渉などです。

人によっては、物件自体の買取金額はもちろん重要だとしても、残置物の撤去を自分で行う、あるいは専門業者を選んで交渉するなどの作業が重荷だという人もいるでしょう。

その場合は、物件そのものの買取金額だけでなく、買取を実行する不動産業者の方で残置物撤去を行ってくれるかということも大事な検討事項になります。

買取金額だけでなく、その他の条件も考慮しながら、複数社に見積もりを依頼するのが常道です。


■良い不動産業者と営業マンを選ぼう

不動産業者を選ぶ作業の中では必ず営業マンと接触することになります。

交渉や各段取りは営業マンが進めますから、実務交渉の相手となる営業マンは信頼できる人物でないと安心して話を進められません。

「最終的に高く買ってくれればそれでよい」という人は、質の良くない営業マンの不遜な態度にもある程度目をつぶれるかもしれません。

ただ、会社の質は従業員に現れるという考え方もできます。

お客さんを大事にする態度が見えない営業マンがいるところは、もしかしたらその不動産業者自体の質が良くないのかもしれません。

言葉遣いや身だしなみなどのマナーに問題はないか、面倒がらずに質問に答えてくれるか、税金などの相談に乗ってくれるかなど、交渉窓口となる営業マンの質も考慮して業者選びを進めていきましょう。

2020/09/04

いえぴた・不動産買取ナビ事務局

いえぴた・不動産買取ナビ事務局
氏名 いえぴた・不動産買取ナビ事務局
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する