失敗しない不動産業者選びで上手に不動産売却を進める方法

不動産の売却の際は、相談先の不動産業者によっては価格に数百万円レベルの差がでることがあります。

売却をできるだけ有利にする為には、不動産業者のアドバイスだけでなく知識や情報を売り主の側も持っておく必要があります。

この回では不動産業者に直接物件を買取ってもらうにあたり、どのようにして良い不動産業者を選べば良いかご紹介します。


■不動産業者を選ぶには

不動産を仲介で売る場合は、各業者の誠実性や優位性を色々な角度から見る必要があり、依頼する不動産について不当な囲い込みをしないかなど、売却をより有利に進める為の業者選びは大変難しいことです。

一方、売却する方法が買取方式の場合は仲介での売却と比べ、シンプルに不動産業者を選ぶことが出来ます。

不動産業者に直接買取をしてもらうケースでは、不動産業者が価格を出す為、比較的早く売却出来る価格を知ることが出来ます。

買取の場合には仲介に比べて分かりやすく、数社の買取価格を比較して条件が良い業者を選択するというシンプルな作業です。
しかし、思案すべき点はいくつかありますのでその点を見ていきます。

■買取に会社の希望は関係あるか
まず、少しでも条件良く売れることを希望する方が大半ですから、条件的に有利になるのは大手不動産業者と地域密着の不動作業者かという問題が生じてきます。

この問題ははっきり線引きすることが難しく、どちらが有利とすることはできません。

仲介の視点で考えると、購入を検討できる見込み客がどれほどいるか、売却をする物件立地によって有利か不利かが違ってくることもあります。

対して買取の場合、賃貸、転売などの何らかの方法で利益を出すように不動産業者が自ら買取を行います。


例として土地開発などを行うことが出来る大手の不動産業者では、不動産の価値を高く見てくれることもあり、高値で買い取る可能性もあります。

地域密着をしている地元の業者では、その地域の情報に強く、賃貸需要が高いエリアで賃貸利益が出せる物件であれば良い条件、価格で買取をすることもあります。

よく大手と地元業者という構図になりがちですが、結局、どちらが有利かとは言い切ることが出来ないので業者ごとにあたってみて、それぞれの反応や提示される条件などを見ていくことが大切です

■見積もりは複数社に依頼することが成功への道

仲介でも買取の場合でも、複数社で比較することにより優位性を見極めることが出来ます。

物件を高く売ることを目標とされている方も多いですが、複数社に合い見積もりを依頼することで対象不動産の取り扱いが得意な業者を見つけることが出来ます。
不動産業者が得意な分野の物件ほど高く買ってくれることがあります。

また、複数社を比較することで価格以外にその他の諸条件も比較することが出来ます。

例えば物件に残置物が残っている場合の処分に関する条件や買い換え、住み替えに伴う物件の引き渡し期日などを比較することが出来ます。

残置物の撤去を自分で行うには時間がとれず専門業者を選んだり、費用の交渉するなどの作業が面倒に思う方もいます。

買取の場合には、買取を実行する不動産業者の方で残地物の処分をしてくれる場合もあり重要な検討材料になります。

その為、複数社に見積を依頼することで価格だけではなく、その他の条件も考慮することが可能となります。


■良い営業マンを選ぶ

不動産業者を選ぶといっても担当をする営業マンが重要です。

実務での交渉の相手となる営業マンは信頼出来る人物でないと、交渉や各段取りを安心して進められなくなることもあります。

目的がただ物件が売れさえすれば良いという方は、営業マンをあまり気にされないかも知れません。

ただ、考え方として会社の質は従業員に現れるということも出来ます。

営業マンによって対応はさまざまですが、お客さんを大事にする態度がないように見えてしまえば、会社もそういった会社なのかと感じてしまいます。

交渉窓口となる営業マンの質も考慮するほかに、質問にしっかり答えてくれるか、税金などの相談に乗ってくれるか、言葉遣いや身だしなみはどうかなども考慮して不動産業者を選ぶようにしましょう。
2020/09/04

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局
氏名 いえぴた・不動産買取ナビ事務局
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する