ペットと暮らせる賃貸物件の探し方と注意すべき点

現在は賃貸でもペットを飼っている方が増えています。

またペットとして飼われている種類も増えており、犬、猫、ウサギ、爬虫類などのご相談があったりします。

街中を歩いていると犬を散歩させている方を多く見かけ、ペットと共生出来る物件が地域的に多いのかと思われる方もいると思います。

しかし、いざペット飼育可物件を探すとなかなか見つけられないものです。

ここではペット飼育可賃貸物件の探し方のコツと注意点を見ていきます。

ペット
 

ペットと暮らせる物件を探す方法

ペットを飼っているので一緒に暮らせる物件を・・・または引越し先でペットを飼いたいと希望される方は多いと思います。

そしていざペット可物件を探そうと思ってもペット可物件自体、数が少なくて驚くことがあります。

ペット可物件が少ない理由

『ペットの需要が多いのであればペット可の物件数を増やせばいい』と思われる方も多いと思います。

しかし、ペット可の共同住宅を造らないまたはペット可にしないのには理由があります。

【ペット可物件が少ない理由】
・立地や条件が良くペット可にしなくても空室が埋まる
・ペット可にすると室内の傷や汚れが増えて退去後の現状回復や改修する箇所も増える
・既存の入居者が『ペット可』として入居していない為、鳴き声などの騒音トラブル、臭いが出ることを避ける。また、既存入居者にペットアレルギーの方がいると大問題となってしまう。
・飼育マナーが悪い住民がいると共用部が糞尿などで汚れる。近隣住民からクレームがくる。
・そもそも大家さんがペットが嫌い

大家さん目線で考えると余計な費用が発生したり、問題・クレームなどの面倒事が発生するのは避けたいところです。

その為、ペット可にしたほうが入居者が増えるとしてもペット可にせずにリスクを回避した賃貸経営を望む大家さんが多くいらっしゃいます。


希望する条件を考える

一般的にお部屋探しをしている場合でも希望する条件を厳しくしすぎると該当する物件は少なくなるまたは該当する物件が無くなってしまうことがあります。

ペット可の物件数は全国的に見ても1割強とも言われるため、より一層お部屋探しが難しくなってしまいます。

【ペット可物件を探しにくい条件】
・築年数が比較的新しい
・駅からの距離が近い
・室内の内装をリノベーションしている
・分譲マンションを賃貸している     など

人気のある条件を全て組み込もうとすると該当が少なくなる為、ペット可を第一優先とし、その他の優先順位を考えて探すと比較的物件が探しやすくなります。

また、人気条件を兼ね備えている物件は賃料が高い場合が多くなってしまうので該当が少なくなります。

反対に入居者が決まりにくい条件がある物件の方が入居をしてもらいたいので条件を緩和してペット可となっている場合があります。

築年数が新しい物件に入居出来た場合でもペットによって室内が傷ついたりすると退去時にはその現状回復費が高くなってしまう可能性があります。

駅から近い物件の場合にはペットが散歩出来たり遊ぶことの出来る施設がない場合もあるので少し離れた物件の方が住環境が整うことがあります。
 

不動産会社に直接相談をして探してもらう

不動産のポータルサイトで探しているとペット可の物件は探すことが出来ます。ポータルサイトによっては「小型犬まで」、「猫1匹可」などの記載があることがあります。

しかし、その内容の詳細までは分からず結果的に不動産会社へ問い合わせるようになります。

これをその都度行うのはとても手間がかかってしまう為、ご相談が出来る不動産会社を見つけて相談していくことで効率良くお部屋探しが出来るようになります。

また、不動産会社に相談することによってインターネット上には掲載出来ないが大家さんに相談が出来る物件なども数多くあり、このような物件も紹介してもらうことが出来ます。

不動産会社と上手く連携してお部屋を探していくことがペット可物件を探すコツと言えます。
 

ペット可物件の注意事項

・初期費用や月額賃料に注意
ペット可物件では募集条件に条件が付加されることが多くなります。
 
よく見かける内容としては『ペット飼育時は敷金(または礼金)プラス1ヵ月』、『月額賃料〇〇円アップ』などがあります。

その為、初期費用や希望する予算が高くなることがあります。

・退去時の内容に注意
ペットを飼育すると退去時の敷金精算で戻ってくる敷金が少なくなります。

その為、プラスされた敷金・礼金やアップされた賃料などがどのように使われるのかを契約前に確認するようにしましょう。

・「ペット可」は何でも飼える訳ではない
ペット可物件と言ってもなんでも飼育出来る訳ではありません。

犬はOKでも猫はNG、小型犬はOKだが中型犬や大型犬はNGなどと条件が定められています。
 
①ペットの種類
飼えるペットの種類は必ず確認するようにしトラブルとならないようにしましょう。

基本的には大家さんの考え方によるところが大きく、犬は鳴き声がする、猫は柱などを傷つけてしまうなどの理由で制限がある場合がほとんどです。

最近では増えていますが爬虫類などの特殊なペットを飼育する場合にはネット上には記載が無い為、飼育出来る物件か必ず不動産会社へ確認をしてください。
 
また、基本的に中型犬・大型犬クラスのサイズは飼える物件が限られてくるので了承のとれる物件を探さなければなりません。

②複数のペットを飼育する場合
複数のペットを飼いたい場合、「小型犬可」とされていても大抵1頭までとなっていることが多くなります。

複数のペットがいる場合は探すことが難しい為、不動産会社へ相談をして探してもらうようにしましょう。

中には入居時にペットのスナップ写真・プロフィールの提出や共用部は抱きかかえなければならないといった細則があることがあります。

内容を遵守しながら生活が出来る環境かを考えることも大切です。
 

嘘をついての入居、禁止事項を破る

本来飼育出来るペットではない、申請をしているペット以外の入居、ペットが禁止されている物件でペットを飼っているなどの場合、契約違反となりトラブルになったり、退去をしなければならないケースがあります。

よくあるケースが「隣の方が飼っているのでウチでも飼っています」という方がいらっしゃいますが、この内容では契約違反となります。

分譲マンションでも規約や細則は遵守されていますので賃貸の共同住宅では十分に注意してください。
 

まとめ

 ペットと暮らせる物件を自身で探すことは可能ですが、探す時間を大分要します。

 効率の良いおすすめのお部屋探しの方法は不動産会社へ相談をして物件を探すことです。

 インターネット上に掲載されていない物件や条件がご相談出来る物件を紹介してくれるので選択肢を広げてお部屋探しをすることが出来ます。

 なかなか希望条件に合う物件が見つからない方やご相談をしながらお部屋探しをしたい方は一度不動産会社へご相談されみてはいかがでしょうか。


(関連記事:お部屋探しは不動産会社へ依頼

(関連記事:家探しはネットから?不動産会社へ直接行ったほうが良い?


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【記事編集者 いえぴた編集部】
お部屋探しや住まい探しのリクエスト、不動産のご相談一括サイト「いえぴた」が運営しております。
賃貸や不動産の購入に関連した情報やご相談やお悩みについてご紹介致します。
不動産の買取りを専門を専門とした関連サイト「不動産買取ナビ」も運営。

投稿日: 2020/07/27
最終更新日: 2021/03/08

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

不動産コラム
COLUMN

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/02/14

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/02/07

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

センチュリー21彩の国不動産センター

2021/01/31

センチュリー21彩の国不動産センター

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/01/28

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

センチュリー21彩の国不動産センター

2021/01/23

センチュリー21彩の国不動産センター

全ての不動産コラムを見る

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する