一人暮らしでお部屋を探すコツとは?賃貸物件を探す方法

一人暮らしでお部屋を探すコツとは?賃貸物件を探す方法

いえぴた・不動産買取ナビ事務局のコラム

これから部屋探しをしようといってもなにから始めたらよいか分からないものです。
特に一人暮らしを始める場合には不安になってしまうことがあります。
賃貸のお部屋探しはどのようなやり方、方法があるのでしょうか。
ここではお部屋探しのコツを見て行きます。

■一人暮らしのお部屋探しは何から始めるか
『これから新社会人になる』、『学生で進学のために引越しをする』、『実家から独立する』など様々な理由で一人暮らしをする方が多くいらっしゃいます。
しかし、何度か引越の経験があればスムーズにいくかもしれませんが、初めて引越をする場合にはどうやって物件を探せば良いかもよく分かりません。
まずは何から始めれば良いのでしょうか。

◆住みたい物件の条件を決める◆
・家賃の予算を決める
まず最初にすることは家賃を決めることです。家賃を高く設定しすぎると後から安くすることが出来なくなるからです。大体収入の1/3が家賃の上限とされています。学生の場合は親族の保護者の方が支払うことが多い為、最初に家賃の上限を決めてもらうようにしましょう。
家賃だけでなく、これからの生活も考え余裕をもって予算を決めましょう。

・住みたいエリア、地域、沿線を決める
不動産は地域によって賃料が変わってきます。基本的に都市部に近い、駅に近い物件などは賃料が高い傾向にあります。その為、事前に予算が決まっていると地域の選択もスムーズになります。
街の雰囲気もありますが、基本的には通勤・通学のしやすい地域を選ぶことで地域の選択がしやすくなります。

・欲しい設備や条件を決める
予算や地域が決まった場合、次に考えるのは物件の設備や条件となります。
『築年数はどれくらいが良いか?』、『お部屋の広さは?』、『間取りは?』、『どんな設備が必要?』といった条件を決めていきます。
条件を設定しすぎると該当のお部屋が見つからなかったり、賃料が高くなることがありますので注意しましょう。
また、条件を決める際に『これだけは譲れない』という条件を決めておくとお部屋探しがしやすくなります。

【条件設定のココに気をつけよう】
・築年数は新しい物件ほど賃料が高くなる
・駅の距離は近いほど賃料が高くなる
・設備が新しいまたは充実するほど賃料が高くなる
・お部屋の広さが広いほど賃料が高くなる
みんなが望むような設備・条件は人気が高くその分賃料が高くなる傾向があります。

■意外と面倒くさいお部屋探し
自分の条件が決まった後はインターネットで不動産ポータルサイトから情報収集するのが一般的です。自分の条件でどのような地域に住めて、どのような設備があるかなど目に見えて分かります。しかし、初めてお部屋探しをされる方にとっては「この物件はどうなのか」ということの判断が難しい場合があります。
ネット上では同じ物件が重複されていたり、問合せをしてみたが物件が既に終わってしまっているなんてことも・・・。
また、しばらくすると新しい情報が出たりとタイミングも難しく、このネットで探す作業を繰り返すため時間がかかり、疲れたり面倒くさくなってしまう方もいます。

■不動産会社にお部屋探しを依頼する
自分で探す方法以外に不動産会社に探してもらう方法があります。
自分で決めた条件を不動産会社に伝えるだけでお部屋を探してもらうことが出来ます。
不動産会社に探してもらうことで効率良くお部屋探しをすることが出来ます。

◆不動産会社に依頼するメリット◆
・自分で探す時間を省いて提案を受けることが出来る
・最新のお部屋の情報をもらえる
・終了している物件やおとり広告を避けることが出来る
・自分では考えていなかった提案を受けられる
・事前にやり取りをしている為、来店時に不安がなくスムーズに内見、手続きが出来る

■まとめ
初めての一人暮らしや女性一人で不動産会社に行くのは不安、時間がなくて部屋探しが進まないといったお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
一度不動産会社に依頼してみてはいかがでしょうか。「いえぴた」では不動産会社へのご相談を手軽に行うことが出来ます。理想のお部屋に出会えるきっかけとなりますので是非、ご相談ください。

2020/05/18

いえぴた・不動産買取ナビ事務局

いえぴた・不動産買取ナビ事務局
氏名 いえぴた・不動産買取ナビ事務局
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する