リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの違いとは?

いえぴた・不動産買取ナビ事務局のコラム

お部屋探しや住まい探しでリノベーションという言葉をよく見かけます。

リノベーションを題材とした番組やニュースなどでも取り上げられるため、「リノベーション」に興味がある方も多くいらっしゃいます。

リノベーションという言葉のほかにリフォームという言葉もよく耳にします。
リノベーションとリフォームの違いはどのようなものでしょうか。

ここではリノベーションとリフォームの違いを見ていきます。


【リフォームとリノベーションの違い】

・リフォームとは
現状回復のための修繕・営繕・不具合箇所への部分的な対

・リノベーションとは
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修

「【一般社団法人リノベーション協議会】より引用 https://www.renovation.or.jp/renovation/about/ 」

つまりリフォームは賃貸を借り、退去する際の現状回復のイメージです。畳の表替えや汚れ・剥がれたクロスの張替えといったものとなります。使用・劣化したものを元の状態に戻すために行われます。

一方リノベーションは間取り、床材、水回り(キッチン・風呂・トイレなど)等を改修し造り変え、古い建物でも新しい価値を生み出すことを指します。また、物件によりデザイン性も上がるため注目されています。
時代によりニーズの高い間取りも違い、例えば3DKでは少し狭いような間取りでも単身者ように広い1LDKにするなどの利用方法があります。

しかし、実際にメディアなどで取り上げられる際にはリフォームとリノベーションの使い分けにあまり差がないように見えます。検討する場合には現地やモデルルームなどを実際にご自身で確認することをおすすめいたします。

【売買でも賃貸でもリノベーションの需要は高い】
賃貸では実際に住むお部屋に手を加えることが出来なくなります。その為、設備等が新しい新築・築浅の物件を求めることが多くなります。しかし、築年数の新しい物件はその分賃料が高い傾向にあります。その為、多少古くなっても設備や内装が新しいリノベーション物件を探す方も増えています。

売買でも同様に新しい物件は高い為、多少古くてもリノベーションがされている物件を探す方もいます。また、購入の場合は古い物件を買って自分の思うような間取り・設備にしたいという方も多くいらっしゃいます。

【自身でリノベーションをする際の注意点】
ただし、自身でリノベーションを行う際には費用がかかる為、リノベーション費用を考えて購入を検討する必要があります。
また、物件によって柱、梁、筋交いなどに違いがあり、理想とする間取りに出来ないこともありますので事前に専門の方に相談をしましょう。

【物件探しはまずは不動産会社へ】
賃貸でも売買でも自身に合う物件を探すことはなかなか難しいことがあります。
まずは自身の希望を不動産会社に伝えて物件を探してもらい、ご提案をしてもらうことが良いでしょう。自身では気づかないご提案をしてもらうこともあるのでまずは不動産会社へ相談することをおすすめいたします。

2020/01/13

いえぴた・不動産買取ナビ事務局

いえぴた・不動産買取ナビ事務局
氏名 いえぴた・不動産買取ナビ事務局
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する