一戸建てを賃貸で貸したい!一戸建てを賃貸に出す方法

急な転勤や一時的に自宅を留守にしなければならないといった場合に空き家となる自宅をどうするか迷うケースがあります。

ここでは一戸建てを賃貸で貸す場合について見ていきます。

一戸建ての賃貸

一戸建てが空き家となる際の活用方法


何らかの事情でマイホームが空き家となってしまう場合は大きく分けて3つのパターンに分けて活用するようになります。

内容を確認し自分にはどのケースが良いのかを判断する必要があります。

賃貸として貸す


転勤などで空き家となってしまう場合には、転勤の期間がある程度分かっていれば賃貸として貸し出す方法があります。

転勤の期間だけ貸したい場合には定期借家の賃貸契約とすることで戻ってくる時期に合わせることができ、転勤後も住むことが出来ます。

また賃貸として貸し出す場合、借り手から賃料をもらうことが出来る為、住宅ローンの支払いなどがある場合でも相殺出来る可能性があります。

売却をする


空き家となってしまう期間が予想出来ない場合などは思い切って売却してしまうのも方法です。空き家となり使用していない期間でも住宅ローンなどの支払いは必要となり、メンテナンスの費用も必要となります。
売却をすることで支払いやメンテナンス費用などの問題を解消することが出来ます。

また、空き家としている状態では建物の築年数が経過してしまうことで建物の評価が下がることが懸念され、売ろうとした際に価格が安くなってしまう可能性があります。


空き家として維持する


大切なマイホームの為、そのままの状態を維持したいという希望もあるでしょう。

特に何も活用をせずに空き家として保有するのも方法の一つです。

しかし空き家としている場合でも住宅ローンが残っていれば支払う必要があり、固定資産税などの税金も支払う必要があります。

また空き家としている状況では設備などを利用していないと劣化、故障をすることもある為、定期的な点検、メンテナンスは必要となります。

一戸建ては賃貸としてどうか


市場に流通している賃貸物件はもともと賃貸をすることを目的としている為、アパート、賃貸マンション、テラスハウスなどの共同住宅となっている物件が大半です。

その為、一戸建ての賃貸を探そうとすると数が少ないのでなかなか見つけることが出来ません。

周囲に気を使わず生活でき、広さが取れる一戸建ての賃貸は子育て世帯からの需要も高く、学校などの関係から長く住むことが出来ればより喜ばれる傾向にあります。

【賃貸の一戸建てを探す理由】
・子供がいる世帯でも1世帯のみとなる為、建物内の騒音トラブルがない
・他の賃貸物件と比べて部屋数や広さが取れるものが多い
・収納スペースが確保出来る物件が多い
・駐車場スペースが確保でき、目の前に車が駐車出来る

一戸建ての賃貸が少ない理由


賃貸での需要があるものの賃貸の一戸建てはなぜ少ないのでしょうか。

基本的に賃貸として物件を貸し出す場合は、賃貸業として投資目的で賃貸経営をしていきます。

アパートや賃貸マンションなどの場合は戸数を多くすることで家賃収入を見込むことが出来ます。

一戸建ては1世帯のみとなるので土地が元からある場合や建物を安価に建築することが出来なければ家賃収入が得にくい為、賃貸としてされることが少なくなります。

一戸建てとアパートや賃貸マンションなどと比べると空室となった場合のリスクも考えなければなりません。

一戸建ての場合はその物件が空室となってしまうと家賃収入はゼロになりますが、アパートや賃貸マンションなどの複数の戸数がある場合には空室となっている部屋の家賃収入はなくなりますが、他の入居中の部屋に関しては家賃収入がある為、リスクは低くなります。

投資目的で賃貸経営をするのに一戸建てを建築することは現状少ない為、転勤などの留守宅の一戸建てを賃貸に出した場合でも競合性は低くなるので比較的借り手はつきやすいかもしれません。

一戸建てを賃貸するメリットとデメリット


留守宅や空き家の一戸建ての賃貸を検討されている方はメリットとデメリットを押さえ、リスクを考えておく必要があります。

一戸建て賃貸のメリット

●家賃収入が見込める

賃貸で貸し出す場合、借り手がつけば家賃収入が入ってきます。住宅ローンがある場合にはそれに充てることも出来ますし、住宅ローンが無い場合にはそのまま収入として見込むことが出来ます。

一戸建てを探している方の場合、ファミリー層が多く学校などの関係から長く住んでもらえる可能性があります。

●防犯性が上がる

一戸建てを空き家としてしまっている場合、防犯面の心配が出てきます。賃貸で貸し出すことによって入居者の監視の目が出来る為、防犯性は高くなります

●メンテナンスが楽になる

空き家の状態にしていると設備などを利用しない為、給湯器やガスコンロなどの室内設備に不具合を生じる可能性があります。入居者に利用してもらうことで自身での定期的な点検が不要となります。

一戸建て賃貸のデメリット


●空室リスクがある

賃貸で部屋を貸し出す場合、常に満室の状態とは限りません。戸建ての場合は1戸しかない為、空室の状態では収入が入ってこないので住宅ローンなどの支払いがある場合には注意が必要です。

●リフォームをする必要がある

賃貸として貸し出すためにはある程度のリフォームが必要となります。仮にクロスだけを貼り替えるだけでも戸建ての場合は面積が広いので高額となることがあります。
また、退去後には現状回復をする必要があり、基本的には敷金の中から差し引きされますが、設備の入れ替えなどを検討する場合には貸主が行う必要があります。

●入居中の修繕費用

賃貸の場合、設備としているものに不具合があると貸主のほうで修繕、メンテナンスを行う必要があります。特に給湯器など水回りの設備は高額となる為、注意が必要です。

●自己使用がしにくくなる

賃貸で貸し出す場合、定期借家契約であれば期間が設定できますが、普通賃貸借契約の場合は大体2年ごとに更新となる為、自分で使用したい場合でも出来なくなることがあります。


募集を任せる不動産会社も重要


賃貸で貸し出す際は不動産会社がどのように募集をしてくれるか、集客力はあるかなどが重要なポイントとなります。

また、募集に際して適切なアドバイスをくれるか、リフォームの提案はあるかなどコミュニケーションがとりやすい不動産会社であることも大事です。

不動産会社へ相談する際は1社だけではなく、複数の不動産会社から意見を聞き、自身にあった不動産会社を選ぶようにしましょう。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【記事編集者 いえぴた編集部】
お部屋探しや住まい探しのリクエスト、不動産のご相談一括サイト「いえぴた」が運営しております。
賃貸や不動産の購入に関連した情報やご相談やお悩みについてご紹介致します。
不動産の買取りを専門を専門とした関連サイト「不動産買取ナビ」も運営。


 

投稿日: 2021/07/26
最終更新日: 2021/07/26

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

不動産コラム
COLUMN

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/26

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/09/06

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

全ての不動産コラムを見る

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する