コロナ禍で住宅ローンの支払いが難しい場合の対策。競売リスクを回避する方法

新型コロナウイルス感染症は日本経済のみならず、世界経済をも停滞させ大打撃を受けました。

私たちの生活においても会社の業績悪化や縮小などで収入やボーナスが減ったり、場合によっては解雇されてしまい住宅ローンの返済計画に影響が出てしまった方も少なくありません。

ここではコロナの影響で住宅ローンの返済が出来な場合のリスクや対応策を見ていきます。
 

住宅ローンの返済についての相談の増加

住宅金融支援機構の発表では、住宅ローンの支払いについて2020年2月では相談件数が15件だったのに対し5月には相談件数が大幅に増加し2,265件に増加したとしています。

住宅融資支援機構では主にフラット35を取扱いますが、支払いが一定となるフラット35においてもコロナの影響が強く、返済が負担となっていることが予想出来ます。

万が一住宅ローンの返済が滞ってしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか。
 

住宅ローンが返済できないリスク

住宅ローンの返済が出来ない場合、そのまま放置しておくことは出来ません。

支払いが滞る場合、金融機関から約3カ月後には督促状が送られてきます。

督促状が送られてきても支払いが出来ない場合、期限の利益を喪失した旨の通知が送られてきます。

「期限の利益」とは借入金の返済は期日までに行えば良いという金融機関との取り決めのことです。

住宅ローンを組む場合支払いは分割払いとなりますが、期限の利益を喪失した場合は住宅ローンの残債を一括で返済する必要があります。

債務者が一括弁済が出来ない場合、保証会社が代わりに代位弁済をします。

その為、保証会社が銀行に代わり債務者となり、代位弁済を行ったローンの残額について取り立てを行います。

保証会社への一括弁済が出来ない状況となると、競売の手続きが行われます。

競売になってしまうと所有者の意思は反映できず、交渉する権利もなく、不動産は市場の価格よりも安い価格で取引されるようになります。

不動産にもよりますが、本来の価格の50%程度での価格になることもあり、競売になった場合でも所有者にはローンの残額が残ります。

競売の代金は住宅ローンの弁済に充てられますが、住宅ローンが完済できない場合にはその残額について支払いを続ける必要があります。

住宅ローンの残額や月々の支払いが大きく生活が出来ない状態になると、自己破産も考えなくてはならなくなるので、このような状態になる前に手を打つ必要があります。
 

住宅ローンの返済についてコロナ禍の対策がある

住宅ローンの支払いが滞る場合、債務者の責任であり通常は救済措置はありません。

しかし、コロナの影響を大きく受け世界的に経済が停滞している状況である為、金融機関は政府の後押しもあり住宅ローンの返済が苦しい人へは柔軟に対応するようになっています。

例として債務者の負担を軽減する取り組みを住宅金融支援機構は見せており、返済期間を延長し月々の返済額の見直しやボーナス返済の見直しなどに対応しています。

金融庁でも全国の金融機関の措置をまとめ、好事例を共有出来るように情報を発信してコロナによって負担が増えている債務者へ支援をしています。

【参照金融庁「新型コロナウイルス感染症を踏まえた金融機関の対応事例」 https://www.fsa.go.jp/news/r1/ginkou/20200522/02.pdf】

最長1年間の元金の据え置きの措置、返済猶予の求めに応じ6ヶ月間元金を据え置き、6ヶ月後にその時点の状況を踏まえ対応を再検討、条件変更の手数料を無料にするなどの好事例を公表し金融機関で共有することで住宅ローンの返済に係わる相談などに対応出来る体制をとっています。
 

まとめ

コロナ禍の状況において住宅ローンの返済に関するご相談は増えています。

住宅ローンの返済が難しい場合には金融機関に相談することや月々の支払いやボーナス払いなどについても見直しも検討し、滞納などを回避する必要があります。

競売などのマイナスな売却を回避する為には、利用出来る救済措置を利用するようにして支払いを続けられる体制を作ったほうが良いでしょう。

住宅ローンは支払いが苦しくなり支払いを続けるのが難しく感じた際にはすぐに相談するのが得策です。

返済が滞ってからの相談だと時間的にも手続きが取りにくくなることがある為、リスクを避ける為にもは早めに相談するようにしましょう。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【記事編集者 いえぴた編集部】
お部屋探しや住まい探しのリクエスト、不動産のご相談一括サイト「いえぴた」が運営しております。
賃貸や不動産の購入に関連した情報やご相談やお悩みについてご紹介致します。
不動産の買取りを専門を専門とした関連サイト「不動産買取ナビ」も運営。
 

投稿日: 2020/12/25
最終更新日: 2021/01/11

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-19
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
店舗HP https://iepuro.amebaownd.com/

不動産コラム
COLUMN

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/01/15

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2021/01/08

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2020/12/25

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

2020/12/25

いえぴた・不動産買取ナビ事務局【該当の会社がない場合】

全ての不動産コラムを見る

希望物件をリクエスト

希望条件を登録してプロからのご提案を待つだけです!

希望条件を登録する